NISA・株式image01 NISA・株式image02 NISA・株式image03

これからの制度

本来株式などの資産運用によって得た所得には、所得税がかかってくるものでした。ですから、利益が出たら出たぶん税金を払わないといけないという図式が生まれていました。
しかしながら、これからはその税金が軽減されるシステムが運用されることになります。その新しいシステムを、NISAと呼びます。

このNISA、ニーサと呼ぶ制度は家計の資産形成を支援・促進することを目的として2014年に開始される制度であり、現状ではまだ運用はされておらず告知段階のお話となってきています。
各金融機関においても、その告知はすでに始まっており本格的な運用に向けて全面的な告知が開始されていると言えます。

この制度を使うと、普通に株式投資を行うよりもお得に株式投資に着手することができます。少なくとも、どうして投資するのであれば使わない手はないでしょう。
しかしながら、NISAでは一体どのようにお得で、そもそも何者なのでしょうか?

NISAとは、「日本版ISA」と呼ばれる、新しい証券優遇税制です。
これを利用すると、年間100万円までの投資が非課税となり、それで得た儲けは全く税金がかかりませんから儲けるほどに節税となるのです。
極端な話、100万円の投資が200万円になったらその分全部丸儲けなのです。本来なら税金がかかるはずですが、それを払わなくて良いのです。

ですから、もしも資産運用を検討しているのであればNISAの導入は必須であるといえるでしょう。用途は投資信託でも株式でもなんでも問題ありません。
せっかくのシステムを、活用して行きましょう!