ノベルティグッズに名入れは必須?

ノベルティグッズに名入れは必須?

ノベルティグッズを制作する際に、名入れをどうするかで迷う担当者も多いのではないでしょうか。
会社名やブランド名やサービス名などを入れておくと、高い宣伝効果が期待できます。
自社の名前やブランドなどを多くの人に知ってもらいたいのであれば、ぜひとも名前を入れておくべきです。
ただ、ノベルティグッズに目立つ名前が入っていると、受け取った側は、使いにくいと感じてしまう可能性があります。
場合によっては、デザインが気に食わないと感じて使ってもらえないこともあるかもしれません。
かといって、名入れをしておかなくては、ノベルティグッズの配布効果が期待できなくなってしまいます。
そこでおすすめなのは、名前のサイズやデザインやなどを工夫してみることです。
会社名を小さくしたり、おしゃれなフォントを使ったりなど工夫をするだけで、印象が大きく変わります。
正面を避けて、内側や予後側などの目立ちにくい部分に名前を配置してみるとよいかもしれません。

ノベルティ作りをする際に気を付けたい注意点とは

無償で配るアイテムであるノベルティを使って広告宣伝をしたいという人も多いのではないでしょうか。
無料で配られるノベルティは品物によっては貰って嬉しいと喜ばれることもありますが、もし間違ったものを配ってしまうようなことになれば受け取られないことも考えられるので注意が必要です。
ノベルティ作りの注意点としては、ターゲットになる人の立場に立って考えて好まれるものを選ぶということが挙げられます。
ターゲットの心を掴めるようなものでなければ、思うような効果が得られないことも考えられます。
それから配布時期とグッズが違和感が無いようにする必要もあるでしょう。
例えば冬に使うアイテムは秋の終わりごろから冬にかけてのタイミングが適していることが多いです。
時期がずれてしまうと、違和感があるため注意が必要となります。
そしてノベルティグッズを選ぶときには、持ち運びしやすいようなサイズが良いです。
大きいと受け取られないこともあります。

著者:溝渕辰巳

筆者プロフィール

山梨県甲府市生まれ。
ノベルティグッツを発注業務を担当していたときの経験を生かし、コラムを執筆しています。