ノベルティ制作で失敗しないコツとは?制作時に押さえておきたい心得などを解説します!

このサイトはノベルティ制作で失敗しないコツについての情報をご紹介しています。
制作時に押さえておきたい心得などを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
グッズを作る際には名入れは必須なのか、という気になる疑問にもお答えしているサイトです。
さらに制作における制作会社選びの重要性にも触れています。
これから無料で配布する広告宣伝用のアイテムの制作を検討しているという人におすすめの内容となっています。

ノベルティ制作で失敗しないコツとは?制作時に押さえておきたい心得などを解説します!

魅力的なノベルティを作成して広告宣伝に役立てたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
失敗しないノベルティを作るための心得としてまず知っておきたい事には、ターゲット目線でグッズを作るということが挙げられます。
予算や作りたいグッズのアイディアなどがある場合でも、予算が少なすぎたり内容にこだわりすぎたりすることは避けた方がよいです。
また配布時期に合ったものを、ターゲットを明確にして準備することをおすすめします。

ノベルティを制作する際は最初に目的を明確にしよう!

近年はオリジナルのノベルティがついた製品を粗品にしている方も多くおり、値段もお手頃で作ることができるのも魅力の一つです。
目的として粗品目的な人や、自分の趣味のグッズを販売している人もいます。
千差万別ですが、最も多いのはやはり粗品代わりにノベルティを付けた商品を渡すのが多いのではないでしょうか。
最初はオリジナルシャツを作ることなどが、敷居が低いかもしれません。
スタッフの制服代わりにシャツを印刷して着せている人も多く見かけます。
価格は1000円くらいなので、スタッフに支給するものとしては半永久的に使えることを考えると、大きな出費にはならないのではないでしょうか。
グッズを作って販売する場合も、材料費と込みでその値段なので、黒字に転じて趣味を活かすことも可能です。
後は三色ボールペンをノベルティする方も多いといいます。
これならば嫌がる人もほとんどいませんし、色々な人の目につきやすく良いためと考えられます。

ノベルティとして配布するグッズの選び方

配布するノベルティグッズの選び方は、新製品に興味を持ってもらいたい世代はどのあたりか、どのような生活を送っている人に使ってもらいたいかという風に、ターゲットを絞るところから始めます。
ノベルティグッズの種類は数多くあるため、ターゲットとする人物像を具体的に作り上げ、それを元にマーケティングを行い、趣味嗜好を予想してから決めていきます。
失敗を避けるためには定番品を選ぶことも一つの手段です。
不特定多数の人に配布するのであれば、ポケットティッシュやうちわ、ボールペンや付箋などの文房具が無難です。
最近では、環境に配慮したエコバッグやマイボトル、パソコン周辺アイテムなどもよく選ばれるようになっています。
また、単価をわずかにアップするだけで持ち運び扇風機やトートバッグなど豪華なものを配布することもできます。
流行のものやよく使う日用品は消費者にとって価値がありありがたいものなので、新製品のPR活動にとても役立ちます。

小ロットでも発注しやすいノベルティグッズとは?

ノベルティで配布するグッズは、大量発注するほど制作コストを抑えることができますが、小ロットで制作することでノベルティに特別感を持たせることが可能です。
加えて、在庫を抱えるリスクも少なくなりますが、小ロットでも発注しやすいアイテムとしては、まずエコバッグやタンブラーなどの生活用品が挙げられます。
特に、エコバッグはレジ袋の有料化に伴って需要が高まっているので、喜んで受け取ってもらえるでしょう。
また、ボールペンやメモ帳、ペンケースなどの文房具もおすすめです。
ボールペンなどの文房具は実用性が高いアイテムなので喜ばれやすいとともに、制作費が安いものが多いので予算が限られる場合にも最適です。
ノベルティに高級感や特別感を持たせたいなら、パソコン・スマホ用品を選択するするのもおすすめです。
モバイルバッテリーやワイヤレスイヤホン、スマホスタンドなどのパソコン・スマホ用品は、長く使えるものが多いので長期にわたる宣伝効果が期待できます。

ターゲットを設定した上でノベルティ制作に取り組もう!

企業努力は様々な所で応用されています。
例えば商品を購入してもらいたい、また宣伝効果のある方法を行っていきたいということであればノベルティを考えるのも一つの手です。
ちなみにノベルティというのは、企業が商品であったり会社名を名入れする事で宣伝効果がありますが、そのアイテムを無料で配るというものです。
宣伝効果が高くなりますし、サービスの認知であったり、商品をアピールするきっかけになるという事でも意味があります。
もしノベルティを制作するのであれば、ターゲットを絞って作ることが大事です。
どういったアイテムが喜ばれるのか、使ってもらえるのかを考えていく必要があります。
ターゲットによって使うものも違ってきますし、デザインの好みなども変わってきます。
それに合っていないと使ってもらうことも出来ないですし宣伝効果も得られません。
購買意欲を高めるというところですと、いくら以上の購入でもらえるというノベルティはお勧めです。

著者:溝渕辰巳

筆者プロフィール

山梨県甲府市生まれ。
ノベルティグッツを発注業務を担当していたときの経験を生かし、コラムを執筆しています。
ノベルティ 小ロット